« 天神講 | トップページ | 吉田茂の名言 »

2011年3月15日 (火曜日)

被災建築物応急危険度判定へ #tunan

3月11日、国内観測史上最大の規模を記録した東日本大震災が発生しました。

この震災により多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げます。

同時に被災された皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

一日もはやい復興を日本国民の一員として切に願ってやみません。

そして自分のできる最大限、お力添えできればと思っております。

さて、東北地方と時同じくして、長野県栄村・新潟県津南町を中心に大規模な地震災害が発生しました。
こちらでも震度6強を記録。
メディアはあまりふれてくれませんが、こちらも被害は大きいです。

新潟県建築士会の要請を受けて、昨日14日津南町の被災建築物応急危険度判定へ行ってまいりました。
(被災建築物応急危険度判定とはここをクリック。過去の投稿です)

・・・
リンクとカブりますが、

応急危険度判定とは、大地震により被災した建築物を調査し、
その後に発生する余震などによる倒壊の危険性や外壁・窓ガラス等の落下、付属設備の転倒などの危険性を判定することにより、人命にかかわる二次的災害を防止することを目的としています。
その判定結果は、建築物の見やすい場所に表示され、居住者はもとより付近を通行する歩行者などに対してもその建築物の危険性について情報提供することとしています。

・・・

東日本大震災を見ていて、自分でも何か協力できることはないかとずっと悶々としていただけに、
自分の手持ちの仕事を顧みずに即承諾しました。


Tunan00
国道117号線の長野新潟県境はまだ通行止めでした。

そして
まだ2mを超える積雪(゚д゚)!!
Tunan05

まだ屋根に1m以上積もっている家屋も多数あり、この中での被災かと思うと背筋が凍る思いです。

そしてさらに驚いたのは
震源地にもっとも近い地域にも関わらず、築年数が古いにも関わらず、非常に丈夫な造りで被害が少ないのです
私どものチームが判定した30件弱のうち、赤紙は2枚だけでした。
3mを超える積雪の日本有数の豪雪地帯。
雪にも強い家は地震にも強いようです。あっぱれ(^O^)ノ


|

« 天神講 | トップページ | 吉田茂の名言 »

建築」カテゴリの記事

コメント

こんな雪の中!お疲れさまでした。
大変な責任あるお仕事ですよね。

投稿: みるきい | 2011年3月15日 (火曜日) 19時36分

みるきいさんコメントありがとうございます!
被災地の方々は思ったより笑顔でお元気で安心しました。

投稿: 管理人@いけだ | 2011年3月16日 (水曜日) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災建築物応急危険度判定へ #tunan:

« 天神講 | トップページ | 吉田茂の名言 »