« 関ブロ埼玉大会 | トップページ | PROJECT更新しました »

2009年7月 1日 (水曜日)

【基礎工事】

建築の各工程をご説明するシリーズ第2弾

【基礎工事】編です。前回の【柱状地盤改良工事】から

随分と日が経ちましたが、現場のディサービスセンターは

着々と工事が進んでいます。

地盤改良工事が終わると、地業工事である、

砕石の敷込み・転圧を行います。

Toko01

また、地面からの湿気を防ぐために防湿シートを敷きます。

Toko02

この状態から鉄筋を配筋します

Haikin01

すでに外周部の型枠も立ち上げてありますが、これはいわゆる

ベタ基礎の部分と基礎の立ち上がり部分を一発でコンクリート

打設するためです。住宅等のベタ基礎では底番部と立ち上がり

部を2度に分けて打設することも多いですが、防水性や強度

を考えて一発打設で施工しています。

Haikin02

10mmの異形鉄筋を15cmピッチで交差させて配筋しています

Kiso

コンクリート打設後、一定の存置期間を経て脱型しているところです。

一発打設ですので基礎立ち上がりに継ぎ目はありません。

次回は【建て方】です。

|

« 関ブロ埼玉大会 | トップページ | PROJECT更新しました »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【基礎工事】:

« 関ブロ埼玉大会 | トップページ | PROJECT更新しました »