« 大人のりんご病 | トップページ | 木造2階建アパートの確認申請 »

2008年5月13日 (火曜日)

ケナボード

雪解け着工ということで、4月上旬に着工した物件が5月に入って

次々と上棟しました。大安の5月2日と12日に3件の木造の物件が

上棟し、上棟祝のお酒をもって建て方検査をしてきました。

悲しいかな、全部が当社が最初から係わってる設計監理という

ことではなく、プランはあらかじめ建築主様と施工業者の

打ち合わせで決まっていて、当社にて申請図面の作成・

壁量計算・確認申請業務と法的監理を行うというものです

むしろ、こうした受注形態の方が多いのが現状です

とはいえ、昨年6月20日の建築基準法の大改正以後は、

当社もごたぶんに漏れず物件数も減ったのですが、

最近は建築士事務所を持つ工務店さんや建設会社さんからも

受注が増えてきました。

確かに確認申請業務は、改正前よりは煩雑で骨の折れる作業

も多くなりましたが、そこは”餅屋は餅屋”というお考えの企業が

多いのでしょう。

この春は、昨年の法改正前の300%増という件数を受注しました。

ということで中越地方の大工さん、工務店さん、建設会社さん

確認申請でお悩み、お困りでしたらご一報ください<m(__)m> 

それはさておき・・・

タイトルの『ケナボード』

これは外壁面に耐力壁として使用する構造材なのですが、

この春に確認申請を提出した約6割の物件で『ケナボードS』

を使って欲しいという要請でした。

P1060025_2

P1060034

これは松下電工改め、『パナソニック』さんの製品ですが、

代理店の営業力が凄いのか、ビルダーさんがECOに

目覚めたのか・・・

昨年は採用物件ゼロだったので、ちょっと驚きです。(゚д゚)!

ご存知のとおり、新潟県中越地方は2度の大地震を経験した

のですが、もちろんお客様にも高耐震性を求められます。

従来は外壁面に構造用合板9.5mmを打ちつける工法が主流でした。

ナゼここにきてケナボードが?という疑問から、

両者を比較してみると・・・

構造用合板9mm   若干割安 釘@150以内 

             施工性 悪い、重い、硬い

ケナボードS4.5mm  若干割高 釘@100以内 

             施工性 良い、軽い、柔かい

そのほか、壁倍率 

構造用合板9mm  2.5 に対して

ケナボードS4.5mm 2.8

総じて、施工性がよくて丈夫でしなやかという感じでしょうか。

あとは、構造用合板は森林伐採につながりますが、

ケナボードはケナフというハイビスカスの仲間の植物で、

種まき後半年で収穫でき、葉は肥料になるという非常に

地球環境にやさしい材料である事が売りなのでしょう。

Kb1 Kb2

今後もどんどん採用物件が増えそうです。

詳細は上記のアンダーラインのあるリンクからどうぞ。

|

« 大人のりんご病 | トップページ | 木造2階建アパートの確認申請 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

こんな製品出てるんですね。
勉強不足ですf(^-^; ポリポリ

てか,厚さ4.5m/mでそんな壁倍率取れるんですか?

投稿: なべ | 2008年5月13日 (火曜日) 10時40分

なべさん

>てか,厚さ4.5m/mでそんな壁倍率
不思議ととれてるんですねぇ
現物見ると、異常に繊維質っぽいですし、
軽いし曲がるから、大工さんはすごい楽だと
言ってましたね~

投稿: 管理人@いけだ | 2008年5月14日 (水曜日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケナボード:

« 大人のりんご病 | トップページ | 木造2階建アパートの確認申請 »